大人の【はしか(麻疹)】は酷いです

はしかが大流行しそうですね(ll゚д゚ll)
それは大変だ!

徐々に東へと進んで行くのだろうか。
ついに東京までやってきてしまった。

実は私も32歳だったかな?の頃に水疱瘡とはしかを発症。
どっちもやっていなかったという、恐ろしい事になっていた。
しかも同じ年にだ。

厄年だった。
厄年って本当に大変な事が起こるんだなとつくづく思ったのを覚えている。

水疱瘡は姪から感染。
水疱瘡の姪を見て
「うわっ!可哀想(T-T )」などと思っていたら
私が可哀想な目にあってしまった。

病院では先生に「若いね~」なんてボケかまされて( ̄∇ ̄;)
高熱で確か2週間くらい寝込みました←入院してもいいレベル
辛かった・・・・

そしてその数ヵ月後、日本ではしかが大流行。
見事に感染。
水疱瘡につづいてはしかもだ!
うげっ!はしかもやっていなかったのかよっ!∑(゚□゚;)ガーン

最初は普通の風邪だと思って市販の薬を飲んで
しばらくしたら熱も3日位で治まった。
と思っていたけど、すっきりと治らない。微熱が続く。。。

何で治らないんだ?と不思議だった。
その後急にドンドン熱は上がり40度。
咳は酷くなり、息する暇もないほど。

こりゃ病院に行くしかないと思って、一人でフラフラしながら病院へ。
「風邪ですね」と薬を処方されていったん家に帰るも
夜に体に発疹が。
再び旦那と病院へ。

待合室で待っているのも辛くて、看護婦さんに訴えたら
すぐに処置室へ。
そこで点滴を打たれて、そのまま入院となりました。
発疹も段々酷くなり全身に現れて、それがまぁーーーーー酷い。
皮膚の肌色の部分がなくなりそうなほど、真っ赤でした。

結局なんと1ヶ月入院しましたよ。
酷い気管支炎を併発、話すこともごはんを食べる事も出来ない。
気管支炎治療の薬が強すぎたのか、弱った私の体は肝炎までおこして、重症。

「このまま死んでしまうかも」と思ったほどです。
脳炎も心配され、散々でした。。。。
完全に体が回復するのには、退院後さらに2週間くらいはかかったと思います。
少し小走りしただけで高熱出してた(;_;)

はしかって恐いですね。死に至る事もあるらしく侮ってはいけないのだ。
暑かった夏の季節も、退院した頃には秋になってしまい、なんだか悲しかった。

麻疹は空気感染するほど感染力が強く、予防も難しそうです。
マスクをしても空気感染するので無駄だと書いてあるし・・・・
一番の予防法はワクチン接種らしい。
病院で抗体が出来ているのか調べればわかるそうです。

もっと広まってきたら、疑いがある人は調べてもらったほうがいいかもしれませんね。
いや、もうすでにした方がいいのかも。

子供でも重症化して、亡くなる方もいるほどの恐い病気とは思いませんでした。
だって私が子供の頃は、友達とかが普通にはしかにかかって、数日後に元気に学校に来てましたよ。
それなのに・・・・・

お年よりは体力もなく感染したら危険だと思います。
30代の私でさえ、「もうこれは無理」と思ったほどですから。
その時近くにいた旦那は感染しなかったので、子供の頃にかかっていたんですね。
もしくは予防接種をちゃんと2回やってるか。

数年に1度は、こんな事態が起きますね。
気をつけなければいけません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

by cya-3 | 2018-05-11 14:31 | 体のこと | Comments(0)

長そうで短い人生、好奇心を忘れずに毎日過ごしていきましょ


by ちゃき
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30